【世界一受けたい授業】美肌菌を育てて夏の肌ダメージを予防する方法!シミ・くすみを防ぐ【8月31日】

世界一受けたい授業!美肌菌アンチエイジング

2019年8月31日の日本テレビ系列「世界一受けたい授業」では、夏の肌ダメージをケアしてシミ・くすみを予防する対策として美肌菌を育てる方法が紹介されました。肌の潤いを保って美肌をキープしてくれる有難い菌です!美肌菌のためにやってはいけないことや正しい洗顔方法、おすすめの食材(ヨーグルト)など専門医が教えてくれた内容をまとめました☆

スポンサーリンク

肌の潤いを保つ美肌菌を育てる方法

世界一受けたい授業!美肌菌

太陽光線を長時間浴び続けると、シミ・シワ・たるみなどの肌トラブルの原因となってしまいます。しかし美肌菌を育てることで夏の肌ダメージをケアし肌を健やかに保つことができます。美肌菌は誰でも持っている菌で、悪玉菌の増殖を防いで肌の潤いを保つ働きをしてくれます。

(今回教えてくれたのは、銀座ケイスキンクリニックの慶田朋子先生です。)

カミソリで顏をそるのはNG

美肌菌は皮膚の一番外側にある角層の表面や隙間に存在します。そのため、カミソリで顏をそると表面の角層と一緒にそり落としてしまうことになってしまうのでNG!!

美肌菌は一度なくなると回復に時間がかかり、美肌菌が少なくなれば潤いのない肌になってしまいます。

カミソリを使う頻度はできるだけ少なくするようにしましょう。先生曰くレーザー脱毛がオススメなんだそうですよ。

腸内環境を整える

腸内環境を整えれば肌の水分量が上がり、肌荒れが改善して美肌菌の住みやすい環境になります。

先生オススメの食べ物は、無糖ヨーグルト!乳酸菌がたっぷり含まれているので腸内環境を整えてくれます。

食物繊維が豊富なドライフルーツを入れて食べるとより効果的ですよ。

正しい洗顔方法

洗顔をする際、誤ったやり方をすると美肌菌を奪ってしまうことになります。NGなやり方はこちら。

・洗顔後冷水でしめる
・タオルでごしごし顏をふく
・洗顔後5回しかすすがない

タオルでごしごし顏をふくと美肌菌まで取り除いてしまうので、優しく押さえて水分をふき取る程度にしましょう。また、皮膚の温度を下げると潤い物質が蒸発してしまうため、洗顔後に冷水でしめるのもNG。人肌温度のお湯で洗うようにしましょう。

洗顔後のすすぐ回数も、5回だと汚れが落としきれないので15回ほどすすぐようにすることが大切。顏のパーツごとにパシャパシャと洗うと良いそうですよ。

正しい洗顔を続ければ、キメが細かく透明感がアップした美肌に改善することができます。番組では2週間続けただけでも効果があらわれていましたよ。

スポンサーリンク

アスタキサンチンがシミ予防に効果的

シミ予防には、アスタキサンチンをたっぷり含むを食べるのが効果的。

アスタキサンチンは最強の抗酸化物質と言われており、シミやしわの原因となる活性酸素を取り除いて肌のダメージを減らしてくれます。

ヨーグルトパックのやり方

ヨーグルトに含まれる乳酸菌は肌のターンオーバーの周期を整え、くすみを改善して美肌にしてくれます。やり方や効果は下記記事でまとめています!

【世界一受けたい授業】ヨーグルトパックのやり方、肌のくすみを改善!夏の肌ダメージケア方法【8月31日】
2019年8月31日の日本テレビ系列「世界一受けたい授業」で放送された、ヨーグルトパックのやり方をご紹介します。今回のテーマは、シミ・くすみなど夏の肌ダメージを予防対策する方法!ヨーグルトに含まれる乳酸菌は肌のターンオーバーの周期を整えてく...

まとめ

今回は美肌菌についてご紹介しました。

夏は紫外線が強いので、シミやくすみなどの原因となる肌ダメージを受けてしまいますよね。紫外線をできるだけ避けたいところですが、残念ながら完全には防げません・・・。しかし、しっかり肌ケアすることでダメージを抑えて肌の老化を防ぐことができます☆肌の潤いを保つ美肌菌を失わないよう対策し、みずみずしく若々しいお肌をキープしていきたいですね。

当サイト「オーサムスタイル」では様々な美容関連記事をまとめております。宜しければ今回の内容とあわせてご覧になってくださいね。

美容の記事一覧へ 世界一受けたい授業の記事一覧へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。



アンチエイジング世界一受けたい授業
スポンサーリンク
良かったらシェアしてください
フォローはこちらからどうぞ
オーサムスタイル

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました