【ヒルナンデス】正しい汗対策方法を専門家が解説!制汗剤の使い方や効果的な布団、お風呂上りの冷水は?【6月27日】

ヒルナンデス!汗対策 ヒルナンデス
この記事は約4分で読めます。

2019年6月27日の日本テレビ系列「ヒルナンデス!」で放送された、正しい汗対策ついてご紹介します。教えてくれたのは、五味常明先生。制汗剤の正しい使い方は?汗はタオルで拭いたらダメ?お風呂で水シャワーはNG?効果的な布団は?など、専門家が解説してくれた内容をまとめました☆

スポンサーリンク

専門家が教える正しい汗対策法

正しい汗対策法

全国的に梅雨入りし、湿度が高くムシムシしてくる今の時期。気になるのはですよね。実際、女性が夏場で1番対策したいこと・悩みNO1が汗!!

先生曰く、本来なら汗は気持ちの良いものですが間違った対策法をすると気になるネッチョリとした汗になってしまうとのこと。

正しい汗対策法を学んで悩みを解決しましょう。

制汗剤は汗が出る前に使う

制汗剤は夏には欠かせないアイテムですよね!しかし、汗が出た直後に使うのは間違い!!

そもそも制汗剤は汗が出る「汗腺」に蓋をして汗が出ないようにするものなので、汗をかいてしまってから使っても意味がないんですね。

制汗剤の正しい使い方

出かける前に脇の下をしっかり乾燥させ、制汗剤をつけるようにしましょう。汗をかくのは暑さだけではなく精神的な不安も要因となるため、制汗剤を出かける前につけることで「大丈夫」という安心感も得られてより効果的です!

体温を早く下げる方法

体温を早く下げるためには、首・脇・太ももの付け根の3つのポイントを冷やすようにしましょう。これらの部位は太い血管が通っているため、体温を早く下げることができるんですね!

汗をかいた後、水だけを大量に飲むのはNG

炎天下にいた時や運動をした後など、たくさん汗をかいた後に水だけを大量に飲むのはNG!!脱水がおさまるどころか、逆に進行する可能性があります。

そもそも汗をかくと水分ナトリウムなどのミネラルが体内から失われてしまうのですが、水だけ大量に飲むと体内のナトリウム濃度が薄くなり、濃度を元に戻すために余分な水分を尿として排出してしまうんですね。

正しい対策法

を摂取したりスポーツドリンクを飲んで、ナトリウムを補給するようにしましょう。

お茶

お茶は利尿作用があるので、大量に汗をかいて脱水状態になった時に飲むのはオススメしないとのことです。

普段の水分補給にはお茶を飲んでもOKです。

汗をかいた直後、乾いたタオルでよく拭くのはNG

汗をかいた直後、乾いたタオルでしっかり汗をふき取ってしうのは逆効果

汗は蒸発することで上がった体温を下げる役割もしてくれるのですが、しっかりふき取ってしまうと体温を下げることができないので逆に汗が止まらなくなってしまうのです。

正しい対策法

汗をかいたら塗れたタオルでふくようにします。濡れたタオルは肌の乾燥をおさえて余分な汗が出るのを防いでくれます。早めに汗をとめたいときに効果的ですよ。

汗ふきシート

汗ふきシートには汗をとめる成分は含まれていないので、汗対策として使用してもOKとのことです。臭い対策、ベタベタ対策など様々なものが販売されているので、自分にあったものを選ぶようにすると良いそうですよ。

お風呂で暑くなったあと冷水を浴びるのはNG

お風呂に入って暑くなった時、冷水を浴びるのはNG!!

急激に体を冷やしてしまうと、体温を下げようとして開いた汗腺が閉じてしまい、汗が出にくくなって逆に体内に熱がこもってしまうんですね。寝ている間に大量に寝汗が出る原因にもなります。

正しい対策法

お風呂から出たあと、うちわや扇風機で自然に汗を蒸発させるようにしましょう。急激に冷やすのが良くないので、エアコンもオススメしないとのことです。

ただし、猛暑日で熱中症になりそうな時はエアコンを使用してください。

寝る時は硬い敷布団で寝る

寝ている時は、体の一部が圧迫されている状態になっていますよね。実は、汗は圧迫されている方と反対側にかきやすくなるという性質があります。

・背中側を圧迫して寝る⇒お腹側に汗が出る

・右半身を圧迫して寝る⇒左半身に汗が出る

そのため、敷布団を硬めにすれば背中側が圧迫されてお腹側に汗をかくので、汗が蒸発しやすくなって効率良く体温を下げられ、寝汗を減らすことにも繋がります。

汗っかきの人は硬めの敷布団を使うようにすると快適に眠れるのでオススメです。

オススメアイテム

硬い布団ではなく柔らかい布団で眠りたい人もいますよね!そんな方にオススメのアイテムとして紹介されたのが、3COINSの「接触冷感敷きパッド(1000円)」「接触冷感マルチブランケット(1000円)」。

スポンサーリンク

冷たく感じる素材を使用しているので暑い夜も快適に眠ることができますよ。

まとめ

今回は、正しい汗対策についてご紹介しました。

夏本番を迎える今、汗が気になってきますよね。汗をそのまま放置しておくと嫌な臭いに繋がったり肌荒れにも繋がります。正しい知識をつけてしっかり対策していきたいですね。

是非参考にしてみてくださいね☆

ヒルナンデスの記事一覧へ 美容の記事一覧へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。



ヒルナンデス美容
スポンサーリンク
良かったらシェアしてください
フォローはこちらからどうぞ
オーサムスタイル

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました