【世界一受けたい授業】胃がんの予防対策法まとめ!

★良かったらシェアしてください★

胃がんの予防対策法

2018年11月3日の日本テレビ系「世界一受けたい授業」では、8大名医が警鐘を鳴らす8つの病気を特集。それぞれの病気の予防対策法を教えてくれました。
ここでは、胃癌(胃ガン)についてご紹介していきます。
教えてくれたのは、西オーストラリア大学教授のバリー・マーシャル先生。
胃がんになりやすいのは男性か女性かなど、名医が教えてくれた内容をまとめていきます。

スポンサーリンク

胃がんを予防するためには?

禁煙

胃がんにより死亡者数は女性よりも男性の方が多く、これには喫煙習慣が影響しています。

発がん性の物質を含むたばこのヤニが胃に届くことで、胃がんが発生しやすくなると考えられるためです。

ピロリ菌の予防

胃癌の大きな原因となっているのが、ピロリ菌

実は、日本人は2人に1人がピロリ菌を持っています。

ピロリ菌は胃の表面に住みつき、胃酸を中和するアンモニアを出して自分が居心地の良い環境を作ります。

これを放置しておくと

  • 慢性胃炎
  • 胃潰瘍
  • 胃がん

を引き起こす可能性があります。

ピロリ菌はほとんどが幼児期に感染し、特に5歳以下の胃は酸性が弱いためピロリ菌が繁殖しやすいそうです。

そのため、親が幼児へ食べ物の口移しをする際は要注意。

親がピロリ菌を持っていた場合、移してしまう可能性があります。

人工知能AI

早期の胃がんは、最新の人工知能AIを使って発見することが可能になりました。

人間の目では見落としがちなものも、AIよって早期発見することができるようになりました。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、胃がんの予防対策法についてご紹介しました。

ポイントをまとめると

  • たばこはできるだけ吸わない
  • ピロリ菌の感染を防ぐ。特に5歳以下の幼児は要注意。
  • 人工知能AIによって早期発見が可能に

是非参考にしてみてくださいね。

同日に放送された内容

2018年11月3日の日本テレビ系「世界一受けたい授業」では、8大名医が警鐘を鳴らす8つの病気を特集。それぞれの病気の専門医が予防対策法を教...
スポンサーリンク



この記事をお届けした
オーサムスタイルの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

★良かったらシェアしてください★

フォローはこちらから♪

error: Content is protected !!