【林修の今でしょ講座】納豆で作る栄養満点レシピ!血管・骨を老けさせない納豆パワー、正しい食べ方も

★良かったらシェアしてください★

納豆とトウモロコシのグラタン

2018年3月6日放送「林修の今でしょ!講座」で、健康長寿が良く食べる発酵食品『納豆』の健康パワー&最強のレシピが紹介されました。血管・骨を強くし、老化を防いでくれる納豆の力や、納豆の栄養を無駄なく摂取できる医学的に正しい食べ方、名医オススメのレシピなど、どれも必見です。

スポンサーリンク

血管を老けさせない納豆の新事実とは?

納豆

健康長寿1000人が良く食べる3大発酵食品の1つ「納豆」。
納豆に含まれる3つの栄養素(ナットウキナーゼ・レシチン・大豆イソフラボン)は、血管が老けるのを防ぐ効果が期待できると言います。

血管が老けるとは、血管が詰まる、もしくは血管が硬くなること。

血栓ができ血管が詰まると、酸素や栄養分が流れなくなりその先の細胞が死んでしまうため、心臓だと心筋梗塞、脳だと脳梗塞に繋がってしまいます。

ナットウキナーゼ

納豆のネバネバ成分の中には栄養素「ナットウキナーゼ」が含まれており、できた血栓をバラバラに分解し、血栓が出来るのを未然に防いでくれます。

レシチン

大豆に含まれている栄養素「レシチン」は、血管を硬くさせない効果が期待できるとのこと。

不規則な食生活などで悪玉コレステロールが増えると、血管の内側にコレステロールが集まった「こぶ」のようなものができ、血管の柔軟性が失われてしまいます。

レシチンは、悪玉コレステロールを取り除く作用があるため、血管が硬くなるのを防いでくれます。




大豆イソフラボン

大豆に含まれる栄養素「大豆イソフラボン」は、血管を丈夫にしてくれる効果が期待できます。

医学的に正しい納豆の食べ方とは?

納豆2

納豆の食べ方を間違えると、ナットウキナーゼの効果が激減すると言います。

■納豆のかき混ぜ方

ナットウキナーゼを最大限とれる食べ方は、よくかき混ぜる。
混ぜることでナットウキナーゼは増えませんが、ナットウキナーゼを守ってくれる糖タンパクが増え、胃酸で溶けるのを防いでくれるそうです。

かき混ぜる回数は、糸を引くくらい(50回程度)がベスト。

ネバネバ成分は粘膜保護の効果もあるため、花粉症やかぜ対策にもなるそうです。

■納豆のタレを入れるタイミング

ナットウキナーゼを最大限とれるタレのタイミングは、混ぜてからタレをかける。
先にタレをかけると粘りが出なくなってしまうため、混ぜてからタレをかけることで、栄養も美味しさもアップするそうです。

■納豆をのせるごはんの温度

ナットウキナーゼを最大限とるには、冷ましたご飯にかける。
ナットウキナーゼは熱に弱いため、ご飯をよそってから少し時間をおいて納豆をかけると良いそうです。

■納豆を食べるタイミング

ナットウキナーゼの効果を最大限発揮するには、夜食べる。
血管の天敵「血栓」は、水分補給ができない就寝時にできやすいためです。

ただし、摂り過ぎには注意です(1日2パックまで)。

■納豆を冷蔵庫から出した後に食べるタイミング

ナットウキナーゼ&レシチンが増えるのは、冷蔵庫から出してしばらく置く。
発酵食品は常温に置くと発酵が進み、ナットウキナーゼ・レシチンが増えるため、20~30分くらい置いてから食べると良いそうです。




■納豆のトッピングでオススメでないもの

納豆のトッピングでオススメでないものは、生卵。
納豆に含まれる「ビタミンB群のビオチン」は肌に良い栄養素ですが、その吸収を妨げるのが卵白とのこと。

そのため、卵をトッピングする場合は、卵黄だけ、もしくは温泉卵にすると良いそうです。

■納豆のトッピングでオススメなもの

納豆のトッピングでオススメなものは、ネギ・チーズ。
ネギに含まれる「アリシン」は血栓を防ぐ効果があり、チーズに含まれる「ラクトトリペプチド」は血管をしなやかにする効果が期待できるそうです。

骨を老けさせない納豆の新事実とは?

納豆3

納豆に含まれる「ビタミンK2」は、上質で健康な骨を作り、骨を老けさせない効果があると言います。

骨は3か月~半年で新しい骨に生まれ変わり、5年程で全ての骨が生まれ変わるようにできていますが、ビタミンK2は、必要な栄養素「カルシウム」を骨にキレイに沈着してくれるそうです。

ビタミンK2の1日の推奨摂取量は250~300マイクログラムですが、納豆1パックには300マイクログラム含まれています。

尚、小粒納豆・ひきわり納豆・大粒納豆のうち、ビタミンK2が豊富に含まれるのはひきわり納豆(他の納豆の1.5倍)。
ひきわり納豆は豆を砕いて作るため、表面積が広く納豆菌が多くつくためです。

名医が選ぶ!栄養満点の納豆レシピ

血管&腸を老けさせないレシピ「そぼろ納豆」

そぼろ納豆

納豆には食物繊維が豊富に含まれていると共に、切り干し大根も生の大根より約15倍の食物繊維を含むため、善玉菌が増え腸内環境を整えてくれます。




材料

・納豆 1パック
・切り干し大根 適量
・醤油 大さじ1/2
・酢 大さじ1/2

作り方

①水で戻した切り干し大根を細かく切って器に入れ、醤油・酢で味付けします。

②小さな器で重しをし、冷蔵庫で一晩味を浸透させます(漬物にする)。

③最後に、よく粘り気を出した納豆と混ぜれば完成です!!

血管&脳を老けさせないレシピ「ひっぱりうどん」

ひっぱりうどん

サバに含まれる「DHA」は、脳の神経細胞膜を保護してくれ脳細胞を活性化してくれます。
また、納豆の「レシチン」は脳の神経伝達物質の元になるため、思考力・記憶力・集中力に効果的です。

材料

・納豆
・乾麺
・サバの水煮(缶詰)
・生卵
・ネギ
・大根おろし
・めんつゆ
・醤油

作り方

①沸騰したお湯に乾麺を入れ、茹でます。

②器に、納豆・サバの水煮・生卵・ネギ・大根おろしを入れ、めんつゆ・醤油で味付けします。
★具材はお好みでOK!

③あとは、茹でた麺を②のタレにつけて食べればOKです!

血管&骨を老けさせないレシピ「納豆のネバネバ爆弾」

納豆のネバネバ爆弾

血管・骨に良い食材だけを組み合わせたスペシャルレシピです。




材料

・納豆
・マグロ
・しらす
・めかぶ
・ネギ
・ミョウガ
・卵黄
・醤油
・ダシ
・アマニ油
・ゴマ油

作り方

①納豆をボウルに入れてよく混ぜたら、卵黄以外の材料を加えて混ぜ合わせます。

②仕上げに卵黄を乗せれば完成です!!
★レモンを絞ると納豆の臭いが抑えられる

まとめ

今回は、納豆の健康パワーについてご紹介しました。個人的に納豆は大好きなので毎日食べるようにしていますが、改めて納豆の力を知ると、今後も継続して摂取していきたい食材だと感じました(*^^*) 納豆も今は色んな種類が売られていますし、アレンジメニューも下記記事でご紹介していますので、是非参考にしてみてくださいね。

納豆を美味しく食べたいあなたにオススメの記事

https://awesome-style.com/2017/08/29/matuko-natto/

スポンサーリンク
この記事をお届けした
オーサムスタイルの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

★良かったらシェアしてください★

フォローはこちらから♪



『【林修の今でしょ講座】納豆で作る栄養満点レシピ!血管・骨を老けさせない納豆パワー、正しい食べ方も』へのコメント

  1. 名前:愛子 投稿日:2018/07/18(水) 08:08:51 ID:e1892b151 返信

    納豆の蓋を開けたら砂糖を大1くらい入れてかき混ぜます。
    するとネバネバがものすごくなります。
    砂糖を入れずにかき混ぜた時の数倍になります。
    その後、タレとからしを入れて食べています。

    砂糖をプラスする事により自分は納豆菌を育てているような気持ちでかき混ぜているのですが実際はどうなんでしょう?
    健康にプラスになっているのでしょうか?

    人に聞いたら砂糖を入れる人は全くいません。
    自分の親が納豆を入れる人で入れるのが普通でした。
    番組ではお砂糖に全くふれていなかったので砂糖を入れる人はいないのだろうと思います。

    入れた方が良いのかどうか?
    効能があるのかどうか?

    気になります。

    • 名前:washing 投稿日:2018/07/18(水) 14:15:17 ID:7be871f90 返信

      愛子様

      コメントありがとうございます。

      納豆に砂糖を入れて食べられるのですね!

      とても興味深く感じますが、残念ながら私自身そのようにして食べたことがなく、また、番組等でも紹介されているところを観たことがないため、、
      ご質問にはお答えし兼ねる状況でございます。

      お力になれず申し訳ございません。

      今後ともよろしくお願いいたします。

error: Content is protected !!