得する人損する人【ヒンヤリ和洋折衷冷やし中華】元公邸料理人が作り方を伝授!電子レンジのみ!

冷やし中華レシピ

2017年8月10日放送「得する人損する人」で、元フランス公邸料理人・牧野さんが『和洋折衷冷やし中華』の作り方を教えてくれましたよ!!電子レンジのみで作れる時短料理の中に、プロの料理人ならではの得ワザが満載です♪

スポンサーリンク

元公邸料理人が教える、得ワザ満載 『混ぜてヒンヤリ!和洋折衷 冷やし中華』の作り方!!

今回は、暑い夏に食べたい『冷やし中華』の得ワザ満載の作り方が紹介されましたよ~~!!

教えてくれるのは、ストラスブール総領事館(フランス)で料理長を務めた元公邸料理人、牧野雄太さん。

牧野

 

プロ中のプロの料理人ですね~~www。

 

そんな牧野さんが教えてくれたのは、題して『混ぜてヒンヤリ!和洋折衷 冷やし中華』!!
大量の油・鍋を使わず、電子レンジのみで調理時間16分という、家庭でも簡単にできる裏技満載の冷やし中華です♪

さらに、1人前300円以下でコスパも抜群ですwww。

 

 

 

0.【材料】

材料はこちら♪

材料

 

?マークの材料は、フランスの元公邸料理人ならではの裏技!!
コンビニで売られているクラッシュアイス(グレープフルーツ味)と、グレープフルーツジュースですwww

 

 

 

1.【作り方】

トッピング作り『揚げないナスの揚げ浸し』

まずは、トッピング作り。
『揚げないナスの揚げ浸し』を作ります。

 

包丁を使う代わりに、ナスの真ん中をフォークでプスプスと刺して手で2つに裂きます。
包丁を使わないことで、ギザギザした繊維面に味がしみ込むそうです♪

次に、半分に割ったナスの皮にもまたフォークで無数に穴を開け(味を染み込ませるため)、断面に和辛子を適量塗ります。
さらに、オリーブオイルとごま油を適量かけます。

ナス

 

 

そのあと、ラップをして電子レンジ600wで約1分半加熱します。
温まったら、ナスを袋に入れてタレで味付けをし、氷水に入れて冷やします。

氷水で冷やす

 

温めたナスを急激に冷やすことで、味を染込ませるんだそうですよ~~。
冷やして出来上がったのが、こちら!!

トッピング2

 

 

 

 

トッピング作り『叩き野菜のマスタード柚子コショウ和え』

次に、『叩き野菜のマスタード柚子コショウ和え』を作ります。

厚手の保存袋に、皮をむいたニンジン・大根・長芋・キュウリ・ピーナッツ・えびせんを入れ、棒で叩きます。

野菜を叩く

 

野菜を叩くことで、食感・風味が良くなるんだそうですよ♪

 

 

細かくしたら中身をボールに移し、缶詰のコーン・マスタード・柚子コショウを入れたら完成です!!

トッピング1

 

 

 

 

味変用『クラッシュアイス×シソ』作り

トッピングとは別に、途中の味変に使う『クラッシュアイス×シソ』を作ります。

コンビニ等で売っているクラッシュアイスのグレープフルーツ味をビニール袋に入れ、ちぎったシソの葉2枚を加えて棒で叩きます。

クラッシュアイスを叩く

 

 

叩いたら、オリーブオイル、塩・コショウを適量入れて完成です!!

味変用トッピング

 

 

 

 

和洋折衷の特性フルーティーダレ作り

タレは、和洋折衷の特性フルーティーダレを作ります。
なんと、市販の冷やし中華のタレ(1袋)に、グレープフルーツジュース(80ml)を混ぜるだけ!!

タレ

 

酸味がプラスされて、爽やかでフルーティーなタレになるそうです。

 

 

 

盛り付け

キャベツと一緒に麺を茹で上げたら、作ったトッピングを盛り付けで出来上がり!!
『混ぜてヒンヤリ!和洋折衷 冷やし中華』の完成で~~す。

冷やし中華

 

夏バテ気味でもさっぱり食べられる、まさにプロが教える本格的冷やし中華ですww。
オシャレ過ぎです~~~。


まとめ

こんな冷やし中華、自分で作れたらサイコーですよね~~ww 今回紹介されたトッピングは1品料理としても十分アリですし、まずはクラッシュアイス×シソのトッピングを作ってみたいと思いま~~す。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。



レシピ得する人損する人
スポンサーリンク
良かったらシェアしてください
フォローはこちらからどうぞ
オーサムスタイル
タイトルとURLをコピーしました