【たけしの家庭の医学】足のしびれの真原因とは?腰椎椎間板ヘルニアと見分ける症状のポイントや対処法【5月28日】

たけしの家庭の医学!足のしびれたけしの家庭の医学

2019年5月28日のテレビ朝日系列「名医とつながる!たけしの家庭の医学」のセカンドオピニオンで放送された、足の痺れの真原因についてご紹介します。教えてくれたのは、千葉大学医学部付属病院の桑原聡先生。ちょっとした足のしびれが足全体に広がり、さらには呼吸困難にまで至ってしまった実際の症例をもとにした内容です。ファーストオピニオンで診断された「腰椎椎間板ヘルニア」と見分ける症状ポイントや改善方法をまとめました。

スポンサーリンク

足のしびれの真原因に辿り着くまでの症状経過

足のしびれ

番組で紹介された、実際に患者さんに起こった足のしびれの症状経過です。最初に異変を感じてから徐々に悪化し、最終的に生活が困難になるまでの変化が分かります。

症状経過

1、両足の指先にジンジンとした軽いしびれが生じる。

2、両足の指先に加え、指の付け根にもチクチクとした痛みが生じる。

3、足裏の感覚が麻痺し、自転車に乗ってもベダルから足が外れてしまう。
4、しびれが足全体に広がる

5、整形外科クリニックを受診し「腰椎椎間板ヘルニア」と診断される。

6、処方された痛み止めを飲むが、足裏の感覚の麻痺は残ったままの状態。

7、足先に力が入らず、スリッパが脱げる。

8、足全体がむくみ膨れ上がる。

9、激しい呼吸困難に襲われ、救急病院へ搬送される。⇒このとき、肺には大量の水が溜まっていた(胸水)。

10、肺に溜まった水を抜き一命を取り留めるも、手にまでしびれが生じる。

足のしびれのファーストオピニオン「腰椎椎間板ヘルニア」

足のしびれのファーストオピニオンは、「腰椎椎間板ヘルニア」と診断されました。

腰椎椎間板ヘルニアとは、何らかの原因で椎間板が潰れ、その一部がはみ出て腰の脊髄を圧迫してしまう病気のこと。この圧迫によって足腰にしびれ痛みを引きおこしてしまいます。原因は、加齢や背骨への衝撃・圧迫など様々です。現在約100万人の患者が存在し、若い世代にも患者がいるようです。

【行った診察内容・結果】

●レントゲン検査⇒腰椎と腰椎の間が少し狭くなっておりヘルニアと診断。
●血液検査⇒異常なし。
●心エコー検査⇒異常なし。
●CT検査⇒異常なし。
●MRI検査⇒異常なし。

【医師からのアドバイス・処方】

●痛み止めを処方
●ビタミン剤を処方(ビタミン不足を解決するため)
●神経の興奮を抑える薬を処方

足のしびれのセカンドオピニオン「クロウ・深瀬症候群」

ファーストオピニオンでは、本当の原因は突き止められませんでした。足のしびれの症状は全く改善せず、ようやく辿り着いたセカンドオピニオンで判明した真原因は「クロウ・深瀬症候群」

スポンサーリンク

クロウ・深瀬症候群とは、血管内の水分の行き来を良くする特殊なたんぱく質が血液中に異常に増える病のこと。残念ながら原因は不明ですが、全身の血管から必要以上に水分が染み出す水漏れ状態になるため、様々な症状を引き起こします。

・漏れ出した水分が末梢神経を障害した場合⇒手足にしびれや痛みが生じる。

・肺の血管から水分が染み出した場合⇒肺に水が溜まり呼吸困難に。

また、異常に増えた特殊なたんぱく質は毛細血管を増殖させる働きもあります。そのため、発毛を促す細胞が活性化し体中が毛深くなったり、毛細血管の塊が皮膚から飛び出して赤いイボ状の突起物が出来たりもします。

この病は通常の血液検査やレントゲン・CTなどの画像検査で突き止められないそうです。

今回、真原因に行きついた症状のポイントを下記にまとめます。

症状のポイント①

ほとんど足首を持ち上げられない。

⇒爪楊枝の先端を足に当てて麻痺の範囲を調べたところ、感覚麻痺は膝下にまで及んでいることが判明。

症状のポイント②

打腱器でひざを叩いたところ反応がない。

⇒末梢神経に何らかの異常が起きていることが判明。

症状のポイント③

全身が毛深くなり背中に濃い毛が生えている。さらに、毛の間に複数の小さな赤いイボ状の突起物が生じている。

⇒異常に増えた特殊なたんぱく質によって、毛細血管が増殖し発毛を促す細胞が活性化した。

症状のポイント④

3年前に比べて色黒になっている(免許証で確認)。

⇒血管から染み出た水分が皮膚の細胞を刺激し、メラニン色素が作られ色黒になった。

対処法

全身の血液の成分を入れ替える治療を行った結果、症状はほぼ完治しました。現在は元通りの不自由のない生活に戻られました。

まとめ

今回は、足の痺れの真原因についてご紹介しました。

病院へ行っても症状がどんどん悪化していくのは不安でたまりませんよね。もし今回ご紹介した内容と同じような症状をお持ちの方は、是非参考にしてみてください。

下記ではこれまでに紹介されたセカンドオピニオンの記事をまとめていますので、気になるものがあれば併せてご覧になってくださいね。

これまでに紹介されたセカンドオピニオン

【たけしの家庭の医学】頭痛や肩こりの真原因とは?緊張型頭痛と見分ける症状のポイントや対処法【4月23日】
2019年4月23日のテレビ朝日系列「名医とつながる!たけしの家庭の医学」のセカンドオピニオンで放送された、肩こりや頭痛の真原因についてご紹介します。教えてくれたのは、榊原記念病院の磯部光章先生。初めは重く考えていなかった症状が次第に悪化し...
【たけしの家庭の医学】胸焼けの真原因とは?逆流性食道炎と見分ける症状のポイントや対処法【3月5日】
2019年3月5日のテレビ朝日系列「名医とつながる!たけしの家庭の医学」のセカンドオピニオンで放送された、胸焼けの真原因についてご紹介します。教えてくれたのは、新潟大学病院の寺井崇二先生。 ただの胸やけと思っていたら次第に生活が困難になっ...
【たけしの家庭の医学】胃もたれの真原因とは?慢性胃炎と見分ける症状のポイントまとめ【2月5日】
2019年2月5日のテレビ朝日系列「名医とつながる!たけしの家庭の医学」のセカンドオピニオンで放送された、胃もたれの真原因についてご紹介します。 教えてくれたのは、国立国際医療研究センター病院の秋山純一先生。 ただの胃もたれと思っていた...
【たけしの家庭の医学】完治できる認知症とは?真原因「副腎」と見抜く症状ポイント【1月22日】
2019年1月22日のテレビ朝日系列「名医とつながる!たけしの家庭の医学」のセカンドオピニオンで放送された、認知機能低下(治る認知症)の真原因『副腎機能低下症』についてご紹介します。 教えてくれたのは、獨協医科大学病院の豊田茂先生。 急...
【たけしの家庭の医学】疲れやすさの真原因はファブリー病!見抜く症状のポイントまとめ!
2018年12月4日のテレビ朝日系列「名医とつながる!たけしの家庭の医学」のセカンドオピニオンで放送された、疲れやすさの真原因『ファブリー病』についてご紹介します。教えてくれたのは、獨協医科大学病院の豊田茂先生。 ただの疲れと思っていたら...
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。



たけしの家庭の医学 健康
スポンサーリンク
良かったらシェアしてください
フォローはこちらからどうぞ
オーサムスタイル

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました