【たけしの家庭の医学】足の痛みとしびれの真原因・脊髄動静脈ろうとは?見抜く症状のポイントまとめ!

足の痛みたけしの家庭の医学

2018年11月6日のテレビ朝日系列「名医とつながる!たけしの家庭の医学」のセカンドオピニオンで放送された、足の痛みと痺れの真原因『脊髄動静脈ろう』についてご紹介します。教えてくれたのは、愛知医科大学の牛田享宏先生。
ただの足の痛みと思っていたら次第に歩けない身体になってしまった患者さんの、実際の症例をもとにした内容です。
ファーストオピニオンで診断された「足の変形による痛みとしびれ」と見分ける症状ポイントなどをまとめます。

スポンサーリンク

謎の足の痛みの症状経過

番組で紹介された、実際の足の痛み・しびれの症状経過です。
足の痛みが最初に生じてから徐々に悪化し、最終的に生活が困難になるまでの変化が分かります。

●症状の経過

1、歩いていると、右足の裏、中指の付け根あたりにチクッとした痛みを感じる。靴を履き直すと痛みは消えた。

2、1週間後、再び右足裏にチクッとした痛みを感じる。さらに、左足の裏も同じ痛みを感じる。しかし、痛みは数分で消えた。

3、3日後、痛みとともに両足の指先のしびれを感じる。正座をした後のような指先がピリピリする感覚。しかし、少しすると収まった。

4、痛みとしびれは1日に数回、歩くたびに起こるようになる

5、整形外科を受診し、「足の変形による痛みとしびれ」と診断される。インソールを靴の中に敷くと楽になった気がした。

6、寝ている時に足の痛みとしびれを感じる。痛みは、これまで感じたことのない強烈なズキズキとしたもの。

7、痛みは悪化し続け、ほぼ毎日のように足の激痛としびれに襲われる

8、総合病院の整形外科を受診。薬が処方されたが、異変はさらにエスカレートしていった

9、激しいめまいを感じ、ふらつくようになる

10、脳の異常を疑い脳神経外科を受診したものの、異常なしと診断される

11、痛みやしびれに加えて頻尿の症状も出始め、1晩に3回もトイレへ行くようになる

ファーストオピニオン「足の変形による痛みとしびれ」

ファーストオピニオンでは「足の変形による痛みとしびれ」と診断されました。

もともと土踏まずはアーチ状になっていますが、長年ハイヒールや合わない靴を履いているとアーチ構造が変形し、高くなった状態で固まってしまうことがあります。

すると、衝撃や自分の体重が足裏全体に分散されず、指の付け根やかかとに痛みを感じることがあるのです。

【行った診察内容・結果】

  • 腰のレントゲン撮影・MRI検査をしたところ、特に異常は見られなかった
  • 足のレントゲンを撮影したところ、足のアーチ(土踏まず)の形が少し高くなっていた
  • 脳のMRI検査をしたところ、特に異常は見られなかった

【医師からのアドバイス・処方】

  • 崩れた足のアーチを矯正するため、インソールを靴の中に敷くようにする
  • 家では、アーチ部分を保護するサポーターを装着する
  • 神経の働きを抑える薬を処方

セカンドオピニオン「脊髄動静脈ろう」

セカンドオピニオンで判明した真原因は、「脊髄動静脈ろう」

スポンサーリンク

脊髄には動脈・静脈が通っていますが、脊髄動静脈ろうは、動脈と静脈が脊髄の近くで繋がってしまう病気。

原因は不明ですが、動脈から静脈へ大量の血液が流れ込んでまうため、静脈が膨れ上がって周りの様々な神経を阻害してしまいます。

この患者さんの場合は胸の静脈が膨れ上がったため、足の痛みやしびれ、めまい、頻尿といった症状を引き起こしたのです。

真原因に行きついた症状のポイントを下記にまとめます。

症状のポイント①

寝ている時にも足の痛みとしびれを感じる。

ポイント

足のアーチの崩れが原因なら、体重がかかっていない寝ている時に症状は出にくい。

症状のポイント②

電気刺激を与え、神経の信号の速度をチェックする「神経電動速度検査」を実施したところ、手の神経より足の神経の信号の速度がわずかに遅かった。

ポイント

手足の神経は、脳幹を経て首の骨の中を通り、手足へと別れていく。
手足の信号の速度が異なるということは、首より下に足の神経を阻害する何かが存在するということ。

症状のポイント③

神経電動速度検査をうけ胸のMRI画像を撮影したところ、脊髄に小さな黒い点が写っていた。

ポイント

静脈の一部(胸の静脈)が膨れ上がっていることが判明。

「脊髄動静脈ろう」の改善策

繋がった静脈と動脈を切り離す手術を行ったことで、症状は劇的に改善し元の生活に戻ることができました。

まとめ

今回は、謎の足の痛みの真原因についてご紹介しました。

病院へ行って異常がないと言われるのに、症状がどんどん悪化していくのは不安でたまりませんよね。

もし今回ご紹介した内容と同じような症状をお持ちの方は、是非参考にしてみてください。

同日に放送された内容

【たけしの家庭の医学】きのこが血糖値上昇を抑えて高血糖を防ぐ!ほうれい線が深い人は要注意(11月6日)
2018年11月6日のテレビ朝日系列「名医とつながる!たけしの家庭の医学」で放送された、血糖値上昇を抑えて高血糖を予防する方法をご紹介します。教えてくれたのは、国際医療福祉大学の浦野友彦先生。 ビタミンDを豊富に含んだ食べ物・キノコ(ナラ...
【たけしの家庭の医学】頻尿は足踏みで改善!病院の治療と同じ解消方法(11月6日)
2018年11月6日のテレビ朝日系列「名医とつながる!たけしの家庭の医学」で放送された、頻尿改善に効果的な『足踏み』をご紹介します。教えてくれたのは、獨協医科大学病院の山西友典先生。 最新の研究で判明した、薬に頼らずに改善できる簡単な方法...
【たけしの家庭の医学】認知症は、歌いながら手拍子すれば予防改善に!楽器演奏と同じく脳を活性化!(11月6日)
2018年11月6日のテレビ朝日系列「名医とつながる!たけしの家庭の医学」で放送された、認知症の予防改善法『歌いながら手拍子』についてご紹介します。教えてくれたのは、岡山大学病院の阿部康二先生。 世界中の認知症予防法の中から、今年日本の学...

オススメする関連記事

【たけしの家庭の医学】謎の頭痛の真原因は巨細胞性動脈炎!緊張型頭痛と見分ける症状のポイント!
2018年10月2日の朝日放送テレビ「名医とつながる!たけしの家庭の医学」のセカンドオピニオンで放送された、頭痛の真原因・巨細胞性動脈炎についてご紹介します。教えてくれたのは、大阪医科大学付属病院の鈴木富雄先生。 ただの風邪による頭痛だと...
たけしの家庭の医学 息切れの真原因はシーテフ!COPDと見分ける症状のポイント!
2018年9月11日「名医とつながる!たけしの家庭の医学」セカンドオピニオンで放送された、息切れの真原因・シーテフについてご紹介します。教えてくれたのは、東邦大学医療センター大橋病院・諸井雅男先生。 ただの息切れと思っていたら、酸素ボンベ...
たけしの家庭の医学 足のしびれの真原因は、背骨の腫瘍!首の異常と見分ける症状のポイント!
2018年8月14日「名医とつながる!たけしの家庭の医学」セカンドオピニオンで放送された、足のしびれの真原因・背骨の腫瘍についてご紹介します。 ただの足のしびれと思っていたら、次第に足が動かなくなってしまう恐ろしい病です。 ファーストオ...
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。



たけしの家庭の医学健康
スポンサーリンク
良かったらシェアしてください
フォローはこちらからどうぞ
オーサムスタイル

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました