【ごごナマ】簡単れんこんレシピ2品!管理栄養士直伝のヘルシー料理(10月17日)

★良かったらシェアしてください★

れんこんのレシピ

2018年10月17日「ごごナマ」で放送された、レンコンのレシピ2品をご紹介します!教えてくれたのは、管理栄養士で医学博士の本多京子さん。

れんこんには食物繊維・ビタミンC・ポリフェノールが豊富に含まれており、腸内環境を整えて便秘を改善したり粘膜保護の効果が期待できます。

栄養素を逃がさない、簡単に作れてヘルシーな下記2品の作り方です。

  • れんこん餅
  • たたきれんこんのもっちりスープ
スポンサーリンク

『れんこん餅』のレシピ

れんこんはすりおろし、桜えびは乾煎りにします。

その後かたくり粉・鶏ガラスープの素と一緒に油で焼くだけの簡単料理です。

れんこんのもちもち感と、桜えびの香ばしい香りが味わえる一品です。

材料・分量

※2人分(10~12コ分)

  • れんこん:1節(正味200g)
  • 桜えび(素干し):大さじ3(6g)
  • ごま油、サラダ油などお好みの油:各大さじ1+1/2

<A>

  • かたくり粉:大さじ1
  • 鶏ガラスープの素(顆粒):小さじ1/2

作り方

  1. れんこんは皮をむき、おろし金ですりおろしてざるに上げ、軽く水気をきる。
    でんぷんが流れ出てもちもち感が無くなってしわないよう、絞りすぎないのが
  2. 油をひいていないフライパンに桜えびを入れ、弱火でカリッとするまで乾煎りする
  3. ボウルにれんこん・桜えび・材料Aを入れて混ぜる
  4. フライパンにごま油・お好みの油を入れて中火で熱し、3をスプーンですくって一口大にまとめて入れ、両面をこんがりと色づくまで焼く
  5. 器に盛り付ければ出来上がり。
    お好みでポン酢しょうゆや青のりを添える。

『たたきれんこんのもっちりスープ』のレシピ

れんこんは皮をむいてめん棒で叩いて細かし、ベーコン・にんにくと一緒に炒めます。

そのあと水・酒・鶏がらスープの素を加えて煮込んで作る、簡単スープです。

れんこんのシャリシャリ感&もちもち感が楽しめると共に、スープにすることで水溶性のビタミンCを無駄なくとることができます。

材料・分量

※2人分

  • れんこん:中1節(150g)
  • 水:カップ1+1/2
  • 酒:大さじ1
  • 鶏ガラスープの素(顆粒):小さじ1
  • 塩・こしょう:各少々
  • 小ねぎ(小口切り):1本分
  • 粗びき黒こしょう:少々

<A>

  • ベーコン(細切り):1枚(20g)
  • にんにく(みじん切り):小1かけ分
  • ごま油:小さじ1

作り方

  1. れんこんは皮をむいてポリ袋に入れ、めん棒などでたたいて細かくする。
    あまり細かく叩きすぎないのがポイント。さまざまな大きさに砕くことで、もちもちからシャリシャリまでいろいろな食感が楽しめる。
  2. 鍋に材料Aを入れて中火にかけ、香りが立つまで炒める。
    香りが出てきたられんこんを加え、1~2分ほど炒め合わせる。
  3. 水・酒・鶏がらスープの素を加え、煮立ったら5~6分ほど煮て塩・こしょうで味を調える
  4. 器に盛りつけ、ねぎを散らして黒こしょうを振れば出来上がり
スポンサーリンク

まとめ

今回は、レンコンを使ったレシピ2品をご紹介しました!

レンコンには食物繊維やビタミンCなどの栄養素が豊富に含まれているので、女性には嬉しい食材ですよね♪

大きさによって違う食感が楽しめるのも魅力です(*^^*)

是非参考にしてみてくださいね!

同日に放送されたレシピ

2018年10月17日「ごごナマ」で放送された、ごぼうのレシピ3品をご紹介します!教えてくれたのは、管理栄養士で医学博士の本多京子さんと、ご...
スポンサーリンク
この記事をお届けした
オーサムスタイルの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!



★良かったらシェアしてください★

フォローはこちらから♪

error: Content is protected !!